言葉の力

ある実験の話。

2つのコップに水を入れて、1つのコップには肯定的な言葉をかけ続ける。もう1つのコップには否定的な言葉をかけ続ける。しばらく経つと、肯定的な言葉をかけ続けた水の結晶は綺麗な結晶となり、否定的な言葉をかけ続けた水の結晶は跡形もなく崩れてしまう。

人は、言葉によって勇気や気力が湧いてくることがある。逆に、言葉によって心に傷を負うこともある。人間は、70%は水分で出来ている。もしかしたら、自分の言葉も誰かの言葉も、頭で理解する部分と、体(心)が本能的に反応している部分と2種類あるのかもしれない。

そう思うと、私もそうだが、口からプラスのこともマイナスのことも、様々な思いや感情が言葉となって常に発せられている。口から出る+のこと、−なこと。これが「吐く」という漢字になる。弱音を吐く。愚痴を吐く。吐くとはあまり良い意味で使われないが、「吐く」という字から−(マイナス)をなくすと、「叶う」という漢字に変わる。

言葉遊びのようだが、もしかしたら実験の話を聞くと、口からマイナスな言葉を少なくすることで、本当に叶うこともあるかもしれない。

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当山報恩講

12月13日(日)安泉寺報恩講を無事御勤めすることが出来ました。コロナ禍の中、内勤めにするか迷いましたが、真宗にとって最も大切な行事だけに、感染対策に留意しながら通常通りのお勤めと致しました。お手伝いくださった皆様、参拝してくださった皆様には、心より御礼申し上げます。お陰様で、ソーシャルディスタンスにて座席を少し離した状態ではありましたが、満堂となり共に報恩講のお勤めが出来たことを嬉しく思います。

「あり方」を問う

ここ最近、仕事でのあり方を考えさせられます。仕事は楽ではありません。しかし、辛い事ばかりでもない。働く中に、多くの喜びややり甲斐を実感できます。しかし、毎日目の前の仕事に追われ、思い通りにいかないことが繰り返されると、心が忙殺され、今の仕事にやり甲斐や楽しさを感じられなくなるのでしょう。 やるなら、楽しく仕事をしたいものです。楽しいと感じられるよう日々を送りたい。しかし、楽しいと「楽(らく)」は違

めでたし?

最近話題沸騰!?のドラマ「半○直樹」。私も毎週見ていますが、悪事を行う人々を正義のヒーローが真っ向から叩きのめしていくという構図。まさに、見ている側はそのあらすじに引き込まれ、最後にはスカッとして終わるというストーリー。見ていて爽快ですね。 演技とはいえ、悪役の方々の滲み出る憎たらしさは尋常じゃありません。笑 ただ、見方を変えれば、悪事の限りを尽くした人も人間です。やってしまったことは確かに世間か