当山報恩講

12月13日(日)安泉寺報恩講を無事御勤めすることが出来ました。コロナ禍の中、内勤めにするか迷いましたが、真宗にとって最も大切な行事だけに、感染対策に留意しながら通常通りのお勤めと致しました。お手伝いくださった皆様、参拝してくださった皆様には、心より御礼申し上げます。お陰様で、ソーシャルディスタンスにて座席を少し離した状態ではありましたが、満堂となり共に報恩講のお勤めが出来たことを嬉しく思います。

今回は、春の永代経(内勤めとなった)にてご講演いただく予定であった作家の渡辺哲雄氏にスライドしていただきご講演となりました。昔懐かしい話を笑いも交えながら90分のご講演となりました。渡辺氏のお話は、聞いていると目の前にその頃の情景はもちろん、匂いや肌感覚まで感じられるような感覚になります。亡くなられた身内や愛する人々が、記憶の中で蘇り、いのちの鼓動を再燃しているような心になります。亡き人を偲ぶというのは、まさに亡くなられた人々と心の中で再び出会うということなのでしょう。

今回は、新たにオンライン(zoom)でも生配信をしておりました。貧弱なインターネット環境の中、色々と試行錯誤をして何とか無事配信も出来ました。視聴してくださった方より、嬉しいお言葉もいただきましたが、改善点も多く出ました。これからは、このような新しい形も必要となるかもしれません。古き良き時代、文化を継承しながら新たな文化も取り入れていく。まさにハイブリット式な場となりました。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「あり方」を問う

ここ最近、仕事でのあり方を考えさせられます。仕事は楽ではありません。しかし、辛い事ばかりでもない。働く中に、多くの喜びややり甲斐を実感できます。しかし、毎日目の前の仕事に追われ、思い通りにいかないことが繰り返されると、心が忙殺され、今の仕事にやり甲斐や楽しさを感じられなくなるのでしょう。 やるなら、楽しく仕事をしたいものです。楽しいと感じられるよう日々を送りたい。しかし、楽しいと「楽(らく)」は違

めでたし?

最近話題沸騰!?のドラマ「半○直樹」。私も毎週見ていますが、悪事を行う人々を正義のヒーローが真っ向から叩きのめしていくという構図。まさに、見ている側はそのあらすじに引き込まれ、最後にはスカッとして終わるというストーリー。見ていて爽快ですね。 演技とはいえ、悪役の方々の滲み出る憎たらしさは尋常じゃありません。笑 ただ、見方を変えれば、悪事の限りを尽くした人も人間です。やってしまったことは確かに世間か

祖母との出会い

先日、祖母の実家(三重のお寺)の法事に招待を受け初めてお邪魔しました。実の祖母は、二男を出産後すぐに亡くなってしまったそうです。その後祖父の界雄(前々住職)は再婚しました。私が記憶にある祖母は実際には血は繋がっていませんでしたが、実の孫と同じように深い愛情を持って育てていただきました。と同時に、実の祖母の話は良く聞いていました。そんな祖母の生まれ育った実家に縁あってお招きいただき、大変ありがたく思