住職就任のご挨拶

更新日:2020年7月23日


 2019年9月26日〜28日まで、京都の東本願寺にて、帯同総代の堀田清氏と住職修習に行ってまいりました。その後、12月8日に当山報恩講の中で住職襲名式を執り行いました。ご参拝頂きました皆様、ご指導賜った皆様には、心より御礼申し上げます。

 私で、安泉寺の住職としては16代目となります。昭和53年にこの世に生を受け、いずれはこのお寺を守り継いで行かねばならないと、成長するたびに感じておりました。しかし、なかなか私自身が素直な人間ではないため、紆余曲折しながら幾多の遠回りをして、お陰さまで住職襲名となりました。ここまで、愚直な私を支え、ご指導いただいた多くの方々には、言葉にならないほど感謝致しております。まだまだ力不足であるが故、これからも皆様には多大なご迷惑をおかけすることと思います。どうか、これからも変わらぬご指導とご鞭撻のほど心よりお願い申し上げます。

 

 前住職である父は、開かれたお寺をモットーに親鸞聖人のお念仏の教えを守り、私に次なるバトンを繋げてくれました。前住職の尽力もあり、多くの人々が安泉寺へ足を運んでくださるようになり、さらには自らが多くの場所へ行き、積極的な関わりを広く、深く、継続して努めてきた心と教えを受け継ぎながら、親鸞聖人の教えを軸とし私らしく安泉寺を守り続けていきたいと思っております。何卒、これからも安泉寺をよろしくお願い申し上げます。


合掌 「南無阿弥陀仏」

安泉寺第16代住職 釈大悟


61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当山報恩講

12月13日(日)安泉寺報恩講を無事御勤めすることが出来ました。コロナ禍の中、内勤めにするか迷いましたが、真宗にとって最も大切な行事だけに、感染対策に留意しながら通常通りのお勤めと致しました。お手伝いくださった皆様、参拝してくださった皆様には、心より御礼申し上げます。お陰様で、ソーシャルディスタンスにて座席を少し離した状態ではありましたが、満堂となり共に報恩講のお勤めが出来たことを嬉しく思います。

「あり方」を問う

ここ最近、仕事でのあり方を考えさせられます。仕事は楽ではありません。しかし、辛い事ばかりでもない。働く中に、多くの喜びややり甲斐を実感できます。しかし、毎日目の前の仕事に追われ、思い通りにいかないことが繰り返されると、心が忙殺され、今の仕事にやり甲斐や楽しさを感じられなくなるのでしょう。 やるなら、楽しく仕事をしたいものです。楽しいと感じられるよう日々を送りたい。しかし、楽しいと「楽(らく)」は違

めでたし?

最近話題沸騰!?のドラマ「半○直樹」。私も毎週見ていますが、悪事を行う人々を正義のヒーローが真っ向から叩きのめしていくという構図。まさに、見ている側はそのあらすじに引き込まれ、最後にはスカッとして終わるというストーリー。見ていて爽快ですね。 演技とはいえ、悪役の方々の滲み出る憎たらしさは尋常じゃありません。笑 ただ、見方を変えれば、悪事の限りを尽くした人も人間です。やってしまったことは確かに世間か